阿呆の猫飼

何でもかんでも忘れてしまうので、日記書いとこうかな、と思ったから書いてみる。

春の歌

今日は娘と岩盤浴にいって
さらさらになって
夜は赤魚の粕漬けを焼いて食べた。
久しぶりで美味しかった。


家では最近
outrageous cherryばっかり聴いてる。

the Book of Spectal Projections

the Book of Spectal Projections

  • Outrageous Cherry
  • ロック
  • ¥153
うーん、私が聴いてるのとは
違うバージョンだ。
私が持ってるアルバムに入ってる方が好き。


4月によく聴いてたから
春を思い出す。
浮かれていた4月。
毎年春が
あんな風に幸せならいいな。



今日観た映画
「ファイブ・イージー・ピーセス」
最後にお父さんと話すシーンがよかった。
でも結局
最後は逃げちゃうのよ。
たぶんこれが最後だ、と
思ってるんだろうけど
あの人なんにも変わってないからな。

なんでもかんでもなぎ倒して
八つ当たりばっかりして
行きたい場所も見つけられず
気分はいつも
「悪い」か
「ちょっと悪い」かの
どっちかしかない。

これだけ感情移入するんだから
私のなかにも
投影するだけの似たものがあるのか
それとも単に
経験から学んだのかはわからないけど
少なくとも彼にはなりたくないな。
寂しさが昂じて
地面に写る影は怪物だ。